HOME>オススメ情報>おもちゃ箱はどんな視点で選ぶべき?徹底ガイド

おもちゃは年齢に合わせた収納方法で片付けよう!

おもちゃの片づけ方は収納方法の考え方で大きく変わります。年齢に合わせた収納方法を取り入れることで知育にもつながります。

おもちゃ箱選びのポイント

おもちゃ箱であることがカギ

子供がおもちゃを入れる場所として認識するかがポイント。

壊れてもよい箱であるか

おもちゃ箱でも子供は遊ぶため、壊れやすいのが定石です。

箱にはインテリア性はあるか

蓋を閉めたらリビングにおけるほどのインテリア性があればよいでしょう。

子供が持つおもちゃの量に見合うか

片づけしやすい箱の大きさであることが決め手です。

おもちゃが取り出しやすいか

ほしいおもちゃだけが取り出せるかを確認しよう。

安全性が大切

おもちゃ

赤ちゃんや幼児が遊ぶための道具を整理整頓したいのなら、おもちゃ箱を利用するのがよいでしょう。おもちゃを入れる専門のアイテムで、子供が使いやすいように作られているため、使った本人に整理整頓してもらうこともできます。見た目も可愛らしいものが多く、お子様の興味を引くので、自発的に片付けをしてくれるかもしれません。ただ、おもちゃ箱を購入するのなら、安全性をしっかりと考えなければいけないです。まだ幼い、赤ちゃんや幼児の場合は、何もないようなところでもバランスを崩して転んでしまうこともあるでしょう。そのときに、固かったり角張っていたりするものを利用していると、ぶつけて怪我をしてしまうかもしれないので気をつけなければいけません。

設置タイプと移動タイプがある

ドール

部屋に設置して使うタイプと、箱型やキャスターがついているものなど移動タイプのおもちゃ箱があるので使い勝手のよいものを選びましょう。どちらを利用するとしても、おもちゃ箱なのですから、赤ちゃんや幼児が持っているアイテムがすべて収まるものを買わなければいけません。

デザインが大人向けのものもある

ドールハウス

小さなおもちゃ箱ではなく、設置型の大きなおもちゃ箱を置くのならば、部屋との調和性も気になるはずです。そのときは、木で作られたおもちゃ箱など、インテリアとしても素敵なデザインのものがあるので、そちらを利用すれば部屋との調和が崩れにくいでしょう。

広告募集中